みんなで知ろう!不妊症・不育症のこと オンラインフォーラム

当日の視聴はこちら

オンラインフォーラム情報

開催日時2023年1月27日(金)13:00~14:20
視聴方法YouTube Liveによるライブ配信
進行登坂淳一(フリーアナウンサー)
ゲスト矢沢心(女優・タレント)
齊藤隆和(国立成育医療研究センター 周産期・母性診療センター 不妊診療科診療部長)
松本亜樹子(特定非営利活動法人Fine ファウンダー/理事)
プログラム〇オリジナルアニメ動画の紹介と上映
〇登壇者紹介「私の不妊治療との向き合い方」
〇「#あなたの不妊症・不育症ストーリー」紹介
〇トークセッション
テーマ「不妊症・不育症にやさしい社会にしていくために」

登壇者プロフィール

登坂 淳一(フリーアナウンサー)

1971年生まれ、東京都出身。
1997年NHK入局、初任地は和歌山放送局。その後、2003年からは東京アナウンス室へ異動し「おはよう日本」などを担当。2010年からは札幌放送局に異動となるが、東日本大震災の時には応援としてスタジオ出演するなどした。2018年にNHKを退社し、現在はフリーとして活動している。2021年4月に不妊治療を経て待望の第1子を授かった。現在は2児の父親。

矢沢 心(女優・タレント)

1981年生まれ、
東京都出身。A型。1997年に映画『バウンス ko GALS』でデビューを果たす。
女優、タレントとして幅広く活躍。2007年に格闘家の魔裟斗と結婚。
4年間の不妊治療を経て12年6月に第1子女児、2014年9月に第2子女児を出産。
2019年1月には第3子となる男児を出産。

齊藤 隆和(国立成育医療研究センター 周産期・母性診療センター 不妊診療科診療部長)

1985年山形大学医学部大学院卒業。
1986年~2001年まで山形大学医学部勤務。
生殖医療の最前線で活躍し、ライフスタイルの変化に伴う不妊治療においての第一人者。
2019年から国立研究開発法人国立成育医療研究センター副周産期・母性医療センターに勤務し、現在は同センター不妊診療科診療部長。

松本 亜樹子(特定非営利活動法人Fine ファウンダー/理事)

長崎県長崎市生まれ。フリーアナウンサーとしての後進育成から人材育成に興味を持ち、企業における人材育成・研修等、活動の場を広げる。
結婚後に体験した不妊の経験から友人と共著で本を出版。
それをきっかけとしてNPO法人Fine(不妊体験者を支援する会)を立ち上げる。
現在は理事長として法人の事業に従事するとともに、日本支援対話学会の理事としてコーチングの普及に努め、コーチ、企業研修講師で活動中。

Youtubeでライブ配信を視聴する

※オンラインフォーラムの視聴は無料です。
※登録を行わず、どなたでも視聴することができますが、事前状況を把握するため、登録のご協力をみなさまにお願いしております。
※登録を行っていただいた方には、イベント開催日の2日前に「視聴URLを記載したリマインドメール」をお送りさせていただきます。

視聴の事前登録はコチラから

#あなたの不妊症・不育症ストーリー 募集

子どもを望む男女にとっては、不妊症・不育症は誰にも起こりうること。
不妊症や不育症はどんなものなのか、夫婦で取り組む中でどのような思いがあったのか。
またその中で、救いとなった言葉や出来事など…。
あなたが経験した不妊症・不育症ストーリーを募集します。
1月27日開催のオンラインフォーラムで、不妊治療経験のあるタレントの矢沢心さんが、
みなさまから頂いたストーリーの中から、朗読を行います。
またウェブサイトでも紹介させていただきます。

例えば…

  • 不妊症・不育症のストーリー
  • 男性不妊症のストーリー
  • 里親制度や特別養子縁組という選択をしたストーリー
  • 産まない選択をしたストーリー
  • 治療中、つらかった一言/前向きになった一言
  • 救いとなった出来事
  • これから不妊治療をするカップルに知っていてほしいこと
  • 今まさに悩んでいて、登壇者に聞いてみたいこと

あなたの経験が、これからのカップルのヒントになります。
周囲への理解をすすめます。ご応募、お待ちしています。

応募締切 2023年1月20日(金)

ストーリーの募集は受付終了しました。
たくさんのご応募ありがとうございました。